ネットを上手に使うちょっと便利なものを集めてみます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎の選び方、正しいですか?

2009.02.09
私、焼酎の違い、って「芋」か「麦」かだけだと思っていました。汗
全部、本格焼酎だと思っていました。

でも、この言葉、やっぱりおかしい!
酒類には乙種、甲種があるのは知っていました。
でも、「純麦焼酎!」なんて書いてあったら、やっぱりこれは、本格焼酎なんだな、って思いますよね?

違いはいったいどこに!?kao05

甲乙混和焼酎との違いによると、焼酎の製造方法は2種類あり、それが甲種、乙種の違いになるのだそうです。

甲種は「連続式蒸留焼酎」と言われ、簡単に言うとアルコール度数が36度未満。
乙種は「単式蒸留焼酎」と言われ、アルコール度数は45度以下。

で、どっちが本格焼酎なのか、というと、これは乙種になるのだそうです。



これが単式蒸留機です。
すごく単純でしょ?だから、原料の芳香を失うことなく、美味しい焼酎が作れるのです!

焼酎の違いはここ。
原材料の違いじゃなかったんです!

だから、黒麹を使った焼酎は泡盛となり、日本の伝統的な焼酎。
米であれ、麦であれ、芋であれ、素材の風味が溶け込んだ焼酎はやはり絶品。
美味しいですよね~。

でも、ややこしい問題があるそうで、混和焼酎というものがあるのだそうです。
ここが私もひっかかったところ。
業界ではこれを正そう、と、ラベルにちゃんと「混和」の文字を入れることを推奨しているそうです。

本当に香り高い、日本の焼酎を楽しみたい人は、十分注意して、「本格」の文字を探すこと!
これ、消費者もちゃんと知っておきたい情報ですよね!さくら
スポンサーサイト

テーマ : 焼酎

ジャンル : グルメ

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

注目!ブログパーツ




プロフィール

cucucci

Author:cucucci
つれづれなるまゝに、日暮らし、PCにむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。