ネットを上手に使うちょっと便利なものを集めてみます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の選び方

2010.12.15
友人から息子さんの進学に関して相談を受けています。
今のところ第一志望が創造学園大学と言う所だそうで、折角なので創造学園大学に関する情報を収集することにしました。
近頃創造学園大学の名前は頻繁に耳にしていたので、創造学園大学に関する情報を多く収集する事が出来ました。
創造学園大学の公式ホームページを見つけたので早速見てみる事にしました。
創造学園大学は群馬にある私立大学で、創造芸術学部とソーシャルワーク学部の2学部があるようで、一つ目の学部名から分かるように創造学園大学創造芸術学部は、音楽学科と芸術学科の2つがあり、それぞれ音楽系と美術系に特化しているようです。
二つ目の創造学園大学のソーシャルワーク学科は、所謂介護系の学部で、近年注目を集める職種でもあります。
友人の息子さんの希望する創造学園大学の学科は創造芸術学部の音楽学科だそうです。
友人の息子さんが所属する吹奏楽部の顧問の先生が創造学園大学の出身の方だそうで、OBOGの中にも創造学園大学に進学した子がそれなりにいるそうで、そういった方々の創造学園大学の評判を聞いて、進学を希望しているそうです。
友人の息子さんのパートは打楽器全般だそうなので、創造学園大学の中には管楽器・打楽器コースがあるそうなのでそちらの希望なのだと思います。
県内の吹奏楽団と創造学園大学の繋がりがあり、教壇に立つ創造学園大学の講師を招いているそうで、他にも創造学園大学の講師の方は第一線で活躍するプロの方を多く抱えているとか。
また創造学園大学の音楽学科では、少人数のクラスが多く、創造学園大学の講師の方にかなり丁寧に教えてもらえることが出来るそうです。
音楽祭のイベントも頻繁に創造学園大学で開催されているそうで、ステージ経験を積む機会を多く持つと言う創造学園大学の実践指向の教育方針も気に入っている要因の一つだそうです。
あくまでプロの音楽家を目指すという点では創造学園大学の教育方針は門外漢の私から見ても好ましく思えます。
創造学園大学の音楽学科の中には、クラシックからポピュラー、邦楽まで幅広い音楽について学べるそうです。
創造学園大学の各学科内には、細かくコースが分かれており、創造学園大学の代表的な学科の一つ、友人の息子さんはその中でも創造学園大学創造芸術学部音楽学科の管楽器・打楽器コースを希望しているそうです。
調べた中で特に気になったコースは創造学園大学の音楽学科のPROアーティストコースです。
ポップスに必要なパートを創造学園大学のPROアーティストコースでは学ぶ事が出来るそうです。
創造学園大学の特徴的な点としてマンガ・アニメに関する学科もあるということです。
創造学園大学の芸術学科の中には、マンガ・アニメ・声優コースがあり、創造学園大学が標榜するプロを目指すためのカリキュラムが組まれているそうです。
他にも創造学園大学の芸術学科には、茶道コースがあり、創造学園大学の象徴的な施設の一つである、茶室「水琴亭」があるそうです。
茶室「水琴亭」は専門的な実技指導を行う為の設備が揃っており創造学園大学の実践を重視した姿勢がここでも伺えます。
設備といえば創造学園大学の芸術学科の陶芸コースも豊富な設備を保有しているそうで、ガス窯・電気窯・併用窯・オートマ窯・上絵付窯・楽焼窯等六基の窯があり、それぞれ土、作品に合う多様な焼き方を学ぶことができるそうです。
ネットの情報で見つけた利点として創造学園大学は他の音大と比べて学費が安いのだとか。
その点を友人の息子さんに聞いてみたところ、そこも創造学園大学を希望する点の一つなのだそうです。
やはり4年制大学となると学費は気になるところですが、その点創造学園大学の学費が安いという点は選択の上で有力な要素の一つと言えるのではないでしょうか。
創造学園大学の情報を集め、色々と検討してみましたが創造学園大学への進学は妥当だと思えます。
まだまだ試験もありますが友人の息子さんが希望通り創造学園大学に進学できると良いなと願っています。



卒業氷河期、と言われている今だから、自己表現のできる人間は非常に魅力的に思えます。
普通の大学を卒業しても、自己アピールができないと、雇う気になれない。
逆に、自分の意見を堂々と言える人間はとても魅力的。実は、コレ、日本人にとって、苦手分野でもあるんですよね。
自己表現ができること、それはこれからの人生で最も大切なスキルになるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 大学受験

ジャンル : 学校・教育

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

注目!ブログパーツ




プロフィール

cucucci

Author:cucucci
つれづれなるまゝに、日暮らし、PCにむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。